青ヒバの会

首都圏を中心に青森ヒバでつながる、住まい作りのネットワーク

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • TEL:03-3779-0608
  • FAX:03-3779-0653
  1. トップページ
  2. ブログ

ブログ

コロナ禍でのリフォーム 2022年 5月 2日|

マンションでも戸建てでも<青ヒバの家>は快適 コロナ禍の中、感染は落ち着きを見せているが、人間の眼に見えない ウイルス対策は、まずマスク、そして換気を十分に考慮した住まいが 大切。省エネルギーの為に気密化が進んだ住宅は室内の空気がよどみ や…

続きを読む

新年おめでとうございます 2022年 1月 1日|

新しい年が明けました。ヒバの故郷青森は雪の中で開けたようです。新月の2月にはヒバの花粉が自然林の中を人知れず飛び交います。その様子は美しく、生の営みのたくましさを感じさせる光景だと言います。青森ヒバの清新な香りには、そのたくましさと、繊細さ…

続きを読む

地震に備えを! 2021年 10月 8日|

2021年10月8日  昨日千葉県北西部で震度5弱、マグニチュード5.9の地震が起きました。  久しぶりの震度5以上の地震に、ヒヤッとした方が多い事と思います。  コロナの陽性者が緩やかに減っているとは言え、なかなか生活がもとに  戻らない…

続きを読む

コロナ禍と木材の高騰 2021年 6月 23日|

木の家に住みたいと望む人は多い。だが、日本の住まいの木材は70%以上外国の木で造られている。コロナ禍に収束(?)が見えて来たように思えるアメリカの住宅事情が好転し始め、アメリカ産材が150%から180%高騰している。これに連動して国産材も入…

続きを読む

青ヒバで造る立体長屋の家 2021年 2月 12日|

ファサード

木造住宅の老朽化が進むと共に、空き家の増加が目立っています。住み手の高齢化もあり、今さら大規模修繕も面倒だと考えるが、大地震が起きて家の下敷きにはなりたくない。 H邸も渋谷から東急線三つ目の祐天寺に立地していながら、建替えの方針が立てられな…

続きを読む

2021年 2月7日 如月逍遥 2021年 2月 7日|

コロナの終息もおぼつかない日々です。不要不急も日常語と化してますが、やはり気晴らしがほしいですね。香りに包まれてみませんか。お香などは若い人たちに好まれているようですが、青ヒバの香りは杉や桧とも違う、清新な香りはリラックス効果抜群です。まだ…

続きを読む

2021年 1月1日 春風逍遥 2021年 1月 1日|

コロナ禍の中、新しい年2021年を迎えました。今後もコロナウイルスに関しては私達の意識が試されそうです。青ヒバの会では、無垢材で造る健康で安全な住まい、抗菌性が強く清新な空気に包まれた家づくりが可能です。今年もよろしくお願いします。

工房「藍花」リニューアルレポート 2020年 8月 23日|

工房「藍花」

東京から最短で行ける温泉地として、知らない人がいないのが熱海です。その駅前広場に続く仲見世通りの中ほどに喫茶・工房「藍花」はあります。施主の富村さんとは30年ほど前からのお付き合いがあり、これまでも「温泉付き青ヒバ住宅」や喫茶室の設計をして…

続きを読む

耐震健康シェルター「命守」の普及 2018年 5月 7日| 

シェルター耐震実験風景

既存住宅耐震化への提案 昭和56年5月31日に建築基準法の耐震規定が改正された。いつ起きてもおかしくない大震災に対して家屋の崩壊による死者の発生を極力防ぐための法的措置であります。しかしその後阪神淡路大震災が発生し、6000人以上の死者が出…

続きを読む

介護室と趣味室のある家 国分寺市T邸(2015年9月竣工) 2016年 1月 29日|

T邸はお父さんの代に建てられた住宅を建て替えて、耐震に関する不安を解消すると共に、高齢化により体の不自由さが目立ってきたお母さんの為に、介護が行き届く住まいにする事が計画の一番の要旨でした。また、ご自身が趣味として始められたそば打ちが心置き…

続きを読む

ページの先頭へ戻る