青ヒバの会

首都圏・京阪神を中心に青森ヒバでつながる、住まい作りのネットワーク

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  1. トップページ
  2. ブログ
  3. 住居

住居に関する記事

介護室と趣味室のある家 国分寺市T邸(2015年9月竣工) 2016年 1月 29日|

介護室からリビングキッチンを見る

T邸はお父さんの代に建てられた住宅を建て替えて、耐震に関する不安を解消すると共に、高齢化により体の不自由さが目立ってきたお母さんの為に、介護が行き届く住まいにする事が計画の一番の要旨でした。また、ご自身が趣味として始められたそば打ちが心置きなく出来、友達と楽しむ趣味の空間が欲しいこともありました。

続きを読む

都市に平屋の住まい 世田谷区Y邸 2015年 7月 31日|

外観1

都会の一等地に平屋という、少々贅沢な青ヒバの住まいが誕生しました。都市に住むことは土地の有効利用の観点から木造であっても2階建以上が普通になっています。
木造の3階、4階建ても可能な昨今ですが、昔から日本の住まいの基本型は平屋にあると言われています。

準防火地域ですが、木をふんだんに使い外観は和風です。内部はお施主さんの住まい方を基本にした自由な空間構成になりました。リビングと寝室は母屋にまとめ、水廻りのキッチンダイニング、浴室を水屋にまとめて設けています。
2階建てより平屋の方がコストパフォーマンスにはかけますが、平屋ならではの自由かつ動線のシンプルさが特徴になります。そして母屋と水屋の間は離して、風が通り抜けます。
床面積75.56m²、天井を高く取ることにより、小屋裏空間が広く、家族構成の変化に対応出来ます。そして収納の少なさを補って余りあります。また母屋を覆う大屋根南面には、太陽光パネルを全面に敷き、発電能力は7.0kになり、売電によってリターンの収入があります。
温暖化による夏型の気候が長く続く今日ですが、庇を大きく取る事により、軒下から自然の涼風が入り、クーラーに依存しなくとも夏日を心地よく過ごせます。

<青ヒバの家>としては、久方ぶりの平屋の実現でした。日本の家が持つ力を、あらためて感じた仕事でした。

青ヒバの家・二世帯住宅 2015年 4月 17日|

S邸親世帯キッチン

 二世帯住宅の需要は、青ヒバの会30数年の活動中に多数あります。(将来二世帯住宅に転換できる様々な工夫と生活空間の提案も含んでいます)この頃は、二世帯で住むメリットが注目されはじめて来たように思われます。住宅の質が上がり、お互いの生活騒音等が軽減できる建材、また幼児や高齢者にやさしい自然素材などが多くなった事も一因と考えます。
 青ヒバの会では、一緒に住みながらプライバシーを保ち、またパブリック感覚も楽しめる空間造りが、特注の住まいづくりとして喜ばれています。そして初期計画にじっくり時間を掛ける事が大切です。一つの大屋根に包まれ、玄関も一つの二世帯、屋根は一つでも、玄関は二つ、両者の行き来も中からはできない二世帯、けれども庭は共通等、デザイン要素はたくさんあります。
 青ヒバの会の場合は玄関一つという住まいが多いのですが、いずれも二世帯双方の暮らし方をじっくり聞いた上で省スペースな設計にし、合理的なライフスタイルにして行く事が、コスト面にもリーズナブルに作用します。ここに紹介しているのは、一昨年葛飾区に竣工した玄関が一つの二世帯の住まいです。

続きを読む

青ヒバで造る夫婦の隠れ家(熱海K邸) 2012年 3月 22日|

20120322_06

東日本大震災から1年が経ちました。また新しい春を迎えます。南からは桜便りも聞こえてきました。昨日、春の選抜高校野球大会が甲子園で始まりました。気仙沼工業高校の阿部君の選手宣誓に、震災以後の越し方を思い、新たな感慨を覚えたのは私だけではないと思います。

青森県の津軽地方は、大きい被害は無かったものの、経済の停滞は著しいものがあるようです。

桜前線が北に到達する頃には、春にしか味わえない「心浮き立つ」事があるといいですね。

今日は、昨年末完成した熱海のK邸(コンクリートの屋上に建てた夫婦の住まい)をご紹介します。いろいろ制約はありましたが、心身共に安らげる空間ができました。

続きを読む

新年の御挨拶 2012年 1月 11日|

新年を迎え、復興へ向けて益々希望の持てる年になるよう願っております。

住まいを取り巻く環境も、決して楽観できませんが、無垢の国産材の家造りを愚直に進めて来た<青ヒバの会>は、軸組構法における省エネルギー、省コストを今年も追及して行きます。

続きを読む

ページの先頭へ戻る

会員募集中

住まいづくりを完全サポート!

入会お申し込み

ピックアップ