青ヒバの会

首都圏・京阪神を中心に青森ヒバでつながる、住まい作りのネットワーク

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  1. トップページ
  2. ブログ
  3. 耐震化

耐震化に関する記事

耐震健康シェルター「命守」の普及 2018年 5月 7日| 

シェルター耐震実験風景

既存住宅耐震化への提案
昭和56年5月31日に建築基準法の耐震規定が改正された。いつ起きてもおかしくない大震災に対して家屋の崩壊による死者の発生を極力防ぐための法的措置であります。しかしその後阪神淡路大震災が発生し、6000人以上の死者が出た。法規制が整備されても、元々から住んでいた住宅の耐震強度を上げる事が日本の住宅事情を考えると難しい事が多い。耐震診断法によって、基準以下の数値が出ても、補強工事を行うには障害が多いからだ。ましてや住みながら必要な強度にアップする事には、一時空き家にして基礎や骨組みを補強するため、かなり大規模な工期とコストを覚悟しなければなりません。
因みに、診断はしたものの耐震補強工事は見合わせている事例が大変多いのも事実です。
<青ヒバの会>が開発した「命守」はその名の通り、単に耐震強度の高いシェルターと言うだけではありません。鉄やプラスチックで造られたシェルターでなく、木材の強度を最大限活用し、住み心地にも配慮している事が、耐震健康シェルターの最大のポイントなのです。

シェルターの実体験をして頂くために、展示場を設けました。常駐しておりませんので、見学したい方は、あらかじめご連絡をお願いします。現場にてご説明いたします。ぜひ実物の心地良さを体験し、その価値を知っていただければ幸いです。

連絡先
 青ヒバの会事務局
 電話 03-3779-0608
 Mail info@aohiba.net
 「命守」で検索できます。

次回は「命守」の特長などを掲載します。

ページの先頭へ戻る

会員募集中

住まいづくりを完全サポート!

入会お申し込み

ピックアップ